CLOSE

家族葬のお役立ち情報

家族葬について記事一覧はこちら

家族葬

葬儀のマナー

家族葬に弔電を送る際のマナーや注意点とは

投稿:2023/04/17 更新:2023/11/18

  • LINE
  • OK!
家族葬に弔電を送る際のマナーや注意点とは

記事監修・作成:わが家の家族葬(株式会社SEC)

時代の変化に伴い、葬儀の形式にも変化が生じてきています。特に近年では、「家族葬」と呼ばれる形式を選択される方が増えてきました。家族葬においては一部の家族・親族以外は参列を辞退されることがあります。そして参列辞退時に気になるのが、弔電の扱いです。この記事では、家族葬における弔電のポイントやマナーなどについて解説します。

事前相談で
50,000円割引

実際のお葬式でそのまま使えます!
見積シミュレーション作成&事前登録で

50,000円割引

家族葬とは?

家族葬とは?

家族葬とは、家族や親族などに参列者を制限して執り行う葬儀のことです。人数制限を行う一方で、 基本的な流れは一般葬と変わらないことが基本だといえます。また、少人数になるケースが多数ですが、 人数や規模などに厳密な定義はありません。厳密に決まりが設けられていないことから自由度も比較的高く、 近年注目されている葬儀スタイルの1つです。

《あわせて参照》

家族葬が選ばれる理由

家族葬が選ばれる理由としては、主に以下が挙げられます。

《選ばれる主な理由》
  • 参列者対応の負担が軽減される
  • 故人との最期の時間を落ち着いて過ごせる
  • 形式によっては費用を抑えられる
  • 高齢化により、参列者自体がそもそも少ない

弔電辞退の希望がなければ送っても良い

原則として、遺族側より弔電辞退の希望がなければ、送っても問題ありません。そのためまず、 弔電辞退の意向の有無を遺族側に確認することが大切です。故人へお悔やみの気持ちを示したい気持ちがあったとしても、 遺族に対して無理強いをするのは避けることを大切にしてください。家族葬を選択する場合、 遺族としてはなるべく負担を減らして故人とのお別れの時間を大切にしたいと思っているはずだからです。

家族葬に弔電を送る場合の注意点

家族葬に弔電を送る場合の注意点

ここでは、家族葬に弔電を送る際の注意点について、会社・個人の2つのケースに整理して解説します。

《お悔みや弔意の伝え方関連記事》

家族葬の場合でも個人や会社から弔電を送るべきか

ここでは、家族葬の場合に個人や会社から弔電を送るべきか、送っても問題がないかを整理します。

会社から送る場合の注意点

会社から送る場合には、以下の点に気を付けなくてはなりません。

《宛名は喪主の氏名に》

宛名は、原則として喪主の氏名にします。喪主の氏名が分からない場合は、葬儀社や葬儀会場に問い合わせることで確認可能です。 葬儀社も葬儀場も分からないようであれば、「○○家(故人名)ご遺族様」と記します。

《葬送り先は斎場にする》

送り先は、原則として斎場にします。弔電は、通夜や葬儀を行う中で読まれることがあるためです。可能であれば通夜の前に、 遅くとも告別式の前には届くように手配します。間に合わない場合や日取りが分からない場合は、 喪主もしくはご遺族の自宅に送付しましょう。また、近年ではオンラインで弔電を受け付けるサービスも登場しました。 依頼から数時間程度で弔電を届けられるため、活用しましょう。

《弔電の文面で忌み言葉は使わない》

弔電の文面を作成する際には、忌み言葉を使わないことが重要です。忌み言葉とは、 死や苦しみをイメージさせる言葉や、繰り返すことをイメージさせる言葉のことを指します。繰り返す言葉は、 「不幸を繰り返す」との意味合いになるため、避けなくてはなりません。

《忌み言葉の例》
  • くれぐれ
  • つぎつぎ
  • またまた
  • 再び
  • 再三
  • 死ぬ
  • 落ちる
  • 数字の4・9

また、宗教によっても、避けるべき言葉は異なります。たとえば神道においては、 「供養」「冥福」を避けなくてはなりません。そしてキリスト教では、「往生」「成仏」が忌み言葉です。

《弔電の敬称一覧》

弔電を作成する際には、敬称にも気を付けましょう。一般的な敬称としては、以下が挙げられます。

ご尊父様・父上様・お父様
ご母堂様・母上様・お母
祖父
ご祖父様
祖母
ご祖母様
ご主人様・ご夫君様
奥様・奥方様・ご令閨様・ご令室様
息子
ご子息様・ご令息様様
ご息女様・ご令嬢様

故人の敬称は、喪主から見たときの関係性で記述します。弔電は、喪主宛に送ることが基本だからです。

個人から送る場合の注意点

個人で弔電を送る際にも、基本的な注意点は会社の場合と違いがありません。 また、訃報を人づてに聞いた場合には、弔意があるとしても弔電は控えた方がよいでしょう。さらに、 家族葬を行ったことを後で知った場合でも、弔電辞退の意向がないかを遺族側に確認することが大切です。 ただし弔電は葬儀に参列できない際の取り急ぎの意味合いで出す電報であり、葬儀後に送ることは不自然ではあります。 そのため葬儀後であれば、弔電ではなく手紙をしたためた方がよいでしょう。

弔電の相場

弔電の相場

弔電の料金目安は、故人との関係によって異なります。具体的には、以下を目安にするとよいでしょう。

《弔電の料金目安》
  • 友人・知人:1,000~3,000円
  • 親しい友人・お世話になった方:3,000~5,000円
  • 仕事関係の方:5,000~10,000円

高額の弔電の場合、プリザーブドフラワーやその他が添えられることもあります。

まとめ

家族葬に参列しない場合、弔電をお送りして弔意を示す方法があります。 遺族側が弔電辞退の意向を示していない限りは、原則として送っても問題ありません。ただしあくまでも遺族のことを考え、 はっきりと分からないようであればしっかりと意向を確認することが大切です。また、送り先や送るタイミングなど、 守るべきマナーもあるため、手配をする際にはしっかりと気を付けるようにしましょう。

わが家の家族葬が選ばれる理由

最後に、なぜ家族葬で「わが家の家族葬が」選ばれているのか、ご紹介したいと思います。 他社との違いは、次の3項目です。1.総額費用が安い。追加費用一切なし。2.安置室完備。3.一貫して自社対応。 一般的に、「火葬料」や「式場使用料」が別途追加費用として必要だったり、ドライアイスや安置日数に制限が設けられていますので、比較する際は注意が必要です。 わが家の家族葬では「安置日数無制限で安置料・ドライアイス無料」での表示価格でご提供しているため、お見積り後に追加費用が発生することが一切ありません。 経済的な心配をせず、お別れに集中していただける環境をご提供させていただいております。また、年々増加している「エンバーミング」も、 自社対応可能な葬儀社であることが特徴です。下記ぺージでも、イラストと合わせてご紹介しています。

家族葬で選ばれる理由
エンバーミングとは

事前相談で
50,000円割引

実際のお葬式でそのまま使えます!
見積シミュレーション作成&事前登録で

50,000円割引

資料請求やお問合せは
メールフォームをご利用下さい。
お急ぎの方はお電話から

  • LINE
  • OK!

関連記事

記事のカテゴリー

家族葬ができる
葬儀場・火葬場を探す

西東京4市、神奈川20市町に
ご利用いただける式場が50以上、
安置室は90以上ございます。

よくあるご質問

Qエンバーミングとは何ですか。どんなことをするのですか?

エンバーミングとは亡くなられた方の表情や姿を整え、衛生的に安全な状態でご遺体を保存するための技術です。エンバーミングを施すと、ご遺体の腐敗を心配することなくゆっくりと時間を使うことができるようになります。残される家族は故人とのお別れや葬儀社選びにしっかりと時間をかけることができるようになり、参列者の都合に合わせたスケジュール設定ができるため、後悔の無い納得のご葬儀を実現することができます。ご遺体に1〜2センチの⼩切開をし、ご遺体保全⽤の薬品を動脈から注⼊します。同時に腐敗の原因となる⾎液を静脈から排出し保全薬との⼊れ替えをすることで、体内から防腐をします。
※詳しくはこちら【エンバーミングとは…】

Q家族葬とは、そもそもどんな葬儀ですか。

家族葬とは一般的には遺族や親族、または故人と生前親しくしていた友人などを含めた少人数で執り行う小規模な葬儀を指しており、明確な定義はありません。家族葬は一般葬と同様に、僧侶などの宗教者立ち合いのもとで通夜や告別式が行われ、葬儀の日程や進行も一般葬と同じ順序であることが多いです。基本的な部分は同じでも、家族葬の定義がないため主催者が葬儀のスタイルを自由に決めることができます。例えば家族葬としながらも参列する人数が多い場合もあれば、通夜を行わないで全工程を1日で終えてしまうこともあります。会食を行わなかったり、返礼品を省略したりするケースも多いです。 ※詳しくはこちら【家族葬とは…】

Q死後の相続や手続きが心配です。どこに相談すればいいの?

ご葬儀後の諸手続きは、相続や名義変更など、非常に多岐にわたります。 わが家の家族葬ではご葬儀の事前相談やご葬儀のお客様へのサポートとして、当社提携の信頼できる行政書士、税理士、法律事務所のご紹介を行っております。 初回のご相談は無料ですので、お気軽に「無料電話相談」をご利用下さい。 【無料電話相談をする

Q社会保険からお葬式の補助金がでると聞きましたが、どんな内容ですか?

国民健康保険にご加入の方は「葬祭費」、健康保険にご加入の方は「埋葬料」として補助金が支給されます。業務上や通勤災害により亡くなられた場合は労災からの支給になります。 いずれも申請の期間は2年間ですので、お忘れなく手続きされることをお勧めします。次の記事も合わせてご参照ください。【葬祭費の補助金を利用するための…

お急ぎの方は今すぐお電話ください。
事前相談で50,000円割引