CLOSE

家族葬のお役立ち情報

葬儀のマナーについて記事一覧はこちら

葬儀のマナー

お葬式でのネイルの対処法。マナーやネイルを隠す方法を解説

投稿:2023/04/21 更新:2023/11/18

  • LINE
  • OK!
お葬式でネイルは落とすべき?対処法や身だしなみについて紹介

記事監修・作成:わが家の家族葬(株式会社SEC)

お葬式への参列の際に多くの方が心配していることとして、ネイルの扱いが挙げられるでしょう。お葬式への参列に当たっては、作法だけでなく身なりへの配慮が非常に大切です。しっかりとルールを守って参列できなければ、遺族に対し失礼に当たることもあります。どうしてもネイルをオフできない場合は、隠すという対処法もあります。ここでは、ネイルの種類別に対処法を紹介します。「マニキュアの場合」と「ジェルネイルの場合」で ご紹介していきます。お葬式は突然訪れるため、事前にお葬式でのネイルの対処法を知っておくことで、参列までに慌てることなく対応できるでしょう。

事前相談で
50,000円割引

実際のお葬式でそのまま使えます!
見積シミュレーション作成&事前登録で

50,000円割引

お葬式でのネイルのマナー

ネイルの種類別の対処法

葬儀や通夜でのネイルのマナーは、原則としてネイルは落とすべきです。急なお葬式で、ネイルをオフできない場合は、隠すという対処法もあります。ネイルの種類別の対処法を詳しく解説していきます。まず前提として、お葬式においては、派手な格好をしないことが基本的なマナーとなっています。ネイルは装飾品とみなされるため、できる限り身につけないことが望ましいです。特に故人の近親者として参列する場合は、ネイルは厳禁であると考えておいた方がよいでしょう。しかし、もしもの時は突然訪れるものです。お葬式や通夜でのマナーとして覚えておきましょう。

ネイルポリッシュやラッカー
の場合の対処法

通常のマニキュア、ネイルポリッシュ・ネイルラッカーの場合は、自分で落としてしまいましょう。リムーバーを使用すれば落とせます。 またリムーバーは100円ショップやドラッグストアで手に入れることができます。

ジェルネイルの場合の対処法

ジェルネイルの場合、剝がれにくく落ちにくいためすべて落とすまでに時間がかかってしまうことも少なくありません。 以下の5つの対処法のいずれかで、対処するようにしましょう。

ネイルサロンに行って落とす

ジェルネイルの場合、無理に自分で落とそうとすると、爪を痛める可能性があります。特に作り込まれているネイルに関しては、 自分で落とさずにネイルサロンに行って落とした方が安全です。お葬式や通夜まで、時間に余裕があるときはネイルサロンに行って落とすようにしましょう。

自分で落とす

お葬式や通夜までに、サロンに行く時間がない場合は、自分で落とすことも可能です。一定の道具が揃っていれば、自分で落とすことができます。

基本的な流れ
  • 1. ネイルファイル(爪やすり)を使って表面を削る
  • 2. 爪のサイズにカットしたコットンをリムーバーに浸し、ネイルを覆う
  • 3. さらにアルミホイルで指先を包む(蒸発防止が目的)
  • 4. 15分程度待つ
  • 5. アルミホイルをはずす
  • 6. 浮いたネイルをウッドスティックでネイルをはがす
  • 7. 爪にキューティクルオイルを塗ってケアする

シンプルなネイルシールを貼る

お葬式や通夜までに、時間がなくて自分で落とすことも難しいケースでは、ネイルシールを活用しましょう。近年では、冠婚葬祭用のネイルシートがあるため、 手軽に派手なネイルを隠すことができます。ドラッグストアや100円ショップ、そしてインターネットでも入手可能です。

ベージュのネイルポリッシュを塗る

ジェルネイルを落とせない場合、ベージュのネイルポリッシュを上から塗ることでも派手なネイルを隠すことは可能です。 肌色に近いベージュのネイルポリッシュを重ねて塗ることで、一時的にネイルを隠すことができます。葬儀まで時間が無い場合以外は、ベージュのネイルポリッシュを二度塗りすることを推奨します。葬儀後にネイルを元に戻したい場合は、アセトンフリーのリムーバーを使用します。アセトンが入っていないものであれば、ネイルポリッシュのみを落として、ジェルネイルだけ残し、元に戻すことができます。また、重ね塗りできて、お湯で簡単にオフできる1日ネイル隠しも2,000円以下で販売されています。

今さら聞けない!ネイルポリッシュとマニキュアの違い

ネイルといっても、様々な用語があり迷ってしまう方もいるかもしれません。マニキュア、ネイルカラー、ネイルラッカー、ネイルポリッシュ、ネイルエナメルなど様々な名称があります。実は、一般の方がこれらの言葉を使う場合は、どれも指しているものは同じものです。 ネイルが一般的になり、専門用語が浸透したため、このような現象が起こりました。例として、ネイルラッカーやネイルポリッシュとは、家庭で簡単に使える小瓶入りのものを言います。

ネイルポリッシュ
爪に塗るカラーのことを指します。ポリッシュとは、日本語で「塗料」という意味です。ネイルポリッシュは、一般的にネイルエナメル・ネイルラッカー・ネイルカラーとも呼ばれています。
マニキュア
手や指のお手入れ全般を指します。爪に色を塗る・甘皮のケア・手の保湿など全て含めてマニキュアというのが正しい認識です。語源は、ラテン語のマヌス(手)、キュア(ケア)です。一般的には、「マニキュア=爪に色を塗るもの」と認識されてが、実は手指のケア全般のこと指す言葉でした。
ジェルネイル
「ジェル」と呼ばれる柔らかな樹脂の液体を爪に塗り、UVの光線を照射して固めるネイルのことです。

黒手袋でネイルを隠す

シンプルな手段として、手袋でジェルネイルを隠す方法が挙げられます。これまで紹介した方法で隠しきれず、 落とすこともできない場合は、手袋を利用しましょう。黒無地のアイテムが基本であり、派手でなければレースがあっても フォーマルな装いとして許容範囲です。また網タイプは適切ではないため、夏場であっても使用しないようにしましょう。 ただし仏教のお葬式では焼香の際に手袋を外さなくてはなりません。焼香は短時間で終わるため、参列者にネイルを 気付かれることは少ないですが、通夜後の振る舞いなどで外すタイミングがある場合もあります。 その際には、ネイルシールなどで対処するよう検討することがおすすめです。

派手なペディキュアにも注意する

派手なペディキュアにも注意する

お葬式や通夜に参列する際には手のネイルだけではなく、足のペディキュアにも気を付けなくてはなりません。 靴を脱いだ際に、ストッキングからペディキュアが見えてしまう可能性があるためです。実際にストッキングをはいて、 ペディキュアの色が透けないか確認しましょう。もしペディキュアの色が透けるようなら絆創膏を貼ったり、 黒いフットカバーなどを活用したりして透けないように隠すことが大切です。なおペディキュアを落とせるのであれば、 リムーバーを使って落としておくと安心です。

お葬式でネイルをしていてもよい例外はある?

お葬式では、原則ネイルは避けなくてはなりません。ただし、クリアやベージュのネイルのように 落ち着いた色であれば許容範囲と言えることもあります。ラメや大きなパーツがついていたり光沢があったりする ネイルは避けるべきであり、落とすもしくは隠すようにしましょう。

お葬式におけるネイル以外の身だしなみの注意点とは

お葬式における身だしなみの注意点とは

お葬式に参列する際は、ネイル以外にも気を付けるべき身だしなみのポイントがあります。 マナーを守ってお葬式にふさわしい身だしなみを心がけましょう。


《葬儀のマナー関連記事》

長い髪の毛はまとめる

通常のマニキュアの場合は、自分で落としてしまいましょう。マニキュアであれば、リムーバーを使用すれば落とせます。 またリムーバーは100円ショップやドラッグストアで手に入れることができます。

ナチュラルなメイクを心がける

お葬式では、色味の薄いメイクを基本とします。ノーメイクはマナー違反であるため、ナチュラルなメイクを心がけましょう。 カラーメイクやアイメイクは色味を抑え、ベースメイクも厚くなり過ぎないように注意します。ラメもマナー違反となります。

《葬儀のマナー関連記事》

アクセサリーは真珠がおすすめ

アクセサリーは、原則として結婚指輪以外は身につけません。ただし真珠だけは許容されているため、 身に着けるとしたら真珠の1連ネックレスを選びましょう。

《家族葬のマナー関連記事》

持ち物は基本黒でそろえる

お葬式や通夜への参列の際には、服装や持ち物は、基本的に黒でそろえるようにしましょう。バッグやハンカチなどは黒、 もしくは白やグレーなどの控えめな色合いのアイテムを持ちます。装飾もできるだけ控え、光沢のないものを選ぶとよいでしょう。

《葬儀のマナー関連記事》

まとめ

お葬式・通夜においては、原則としてネイルを落とす必要があります。自分で落とせないケースではネイルサロンの利用がベストですが、時間に 余裕がない場合はネイルシールや専用のマニキュアを活用して隠すことも検討しましょう。 またお葬式で気を付けるべきなのは、ネイルだけではありません。服装や装飾品、そして髪型にも気を付けて、ご遺族や故人さまに失礼がないように気を付けましょう。

わが家の家族葬が選ばれる理由

最後に、なぜ家族葬で「わが家の家族葬が」選ばれているのか、ご紹介したいと思います。 他社との違いは、次の3項目です。1.総額費用が安い。追加費用一切なし。2.安置室完備。3.一貫して自社対応。 一般的に、「火葬料」や「式場使用料」が別途追加費用として必要だったり、ドライアイスや安置日数に制限が設けられていますので、比較する際は注意が必要です。 わが家の家族葬では「安置日数無制限で安置料・ドライアイス無料」での表示価格でご提供しているため、お見積り後に追加費用が発生することが一切ありません。 経済的な心配をせず、お別れに集中していただける環境をご提供させていただいております。また、年々増加している「エンバーミング」も、 自社対応可能な葬儀社であることが特徴です。下記ぺージでも、イラストと合わせてご紹介しています。

家族葬で選ばれる理由
エンバーミングとは

事前相談で
50,000円割引

実際のお葬式でそのまま使えます!
見積シミュレーション作成&事前登録で

50,000円割引

資料請求やお問合せは
メールフォームをご利用下さい。
お急ぎの方はお電話から

  • LINE
  • OK!

関連記事

記事のカテゴリー

家族葬ができる
葬儀場・火葬場を探す

西東京4市、神奈川20市町に
ご利用いただける式場が50以上、
安置室は90以上ございます。

よくあるご質問

Qエンバーミングとは何ですか。どんなことをするのですか?

エンバーミングとは亡くなられた方の表情や姿を整え、衛生的に安全な状態でご遺体を保存するための技術です。エンバーミングを施すと、ご遺体の腐敗を心配することなくゆっくりと時間を使うことができるようになります。残される家族は故人とのお別れや葬儀社選びにしっかりと時間をかけることができるようになり、参列者の都合に合わせたスケジュール設定ができるため、後悔の無い納得のご葬儀を実現することができます。ご遺体に1〜2センチの⼩切開をし、ご遺体保全⽤の薬品を動脈から注⼊します。同時に腐敗の原因となる⾎液を静脈から排出し保全薬との⼊れ替えをすることで、体内から防腐をします。
※詳しくはこちら【エンバーミングとは…】

Q家族葬とは、そもそもどんな葬儀ですか。

家族葬とは一般的には遺族や親族、または故人と生前親しくしていた友人などを含めた少人数で執り行う小規模な葬儀を指しており、明確な定義はありません。家族葬は一般葬と同様に、僧侶などの宗教者立ち合いのもとで通夜や告別式が行われ、葬儀の日程や進行も一般葬と同じ順序であることが多いです。基本的な部分は同じでも、家族葬の定義がないため主催者が葬儀のスタイルを自由に決めることができます。例えば家族葬としながらも参列する人数が多い場合もあれば、通夜を行わないで全工程を1日で終えてしまうこともあります。会食を行わなかったり、返礼品を省略したりするケースも多いです。 ※詳しくはこちら【家族葬とは…】

Q死後の相続や手続きが心配です。どこに相談すればいいの?

ご葬儀後の諸手続きは、相続や名義変更など、非常に多岐にわたります。 わが家の家族葬ではご葬儀の事前相談やご葬儀のお客様へのサポートとして、当社提携の信頼できる行政書士、税理士、法律事務所のご紹介を行っております。 初回のご相談は無料ですので、お気軽に「無料電話相談」をご利用下さい。 【無料電話相談をする

Q社会保険からお葬式の補助金がでると聞きましたが、どんな内容ですか?

国民健康保険にご加入の方は「葬祭費」、健康保険にご加入の方は「埋葬料」として補助金が支給されます。業務上や通勤災害により亡くなられた場合は労災からの支給になります。 いずれも申請の期間は2年間ですので、お忘れなく手続きされることをお勧めします。次の記事も合わせてご参照ください。【葬祭費の補助金を利用するための…

お急ぎの方は今すぐお電話ください。
事前相談で50,000円割引